九州オールトヨタ つながる九州・沖縄

津嘉山寛喜

沖縄の竹細工職人、津嘉山さんも驚いた
「TANK」3つの魅力!

沖縄県・那覇市からクルマで1時間ほど北に向かった先にある沖縄市に工房を構える、竹細工職人の津嘉山寛喜さん。

幼い孫を持ち、“おじいちゃん” でもある津嘉山さんに試乗してもらったのは、家族みんなが快適に乗れるトヨタのコンパクトカー「TANK(タンク)」。

コンパクトながらも室内は広々としていて、運転もしやすく、世代を選ばないクルマとして多くのドライバーから人気の1台です。津嘉山さんには、孫の送り迎えをする「おじいちゃん目線」と、まだまだ元気な「70代目線」という2つのポイントで、TANKに試乗してもらいました!

「素直に嬉しい!」
焦りがなくなる安全性能

運転をしていると、たまに「あぶない!」と思う瞬間があるという津嘉山さん。時間を意識するあまり急ぎ足になったときや、つい気持ちが焦っているときなど……。誰にでも、1度はそんな経験があるのではないでしょうか。

TANKには、そんなドライバーに安心感を与えてくれる機能* が充実しています。たとえば、対車両・対歩行者用の「衝突警報機能」と「衝突回避支援ブレーキ機能」が付いていて、前方にいる車両や歩行者を認識し、衝突の恐れがあると「ピピピッ!」と警告音で知らせてくれます。さらに、危険が高まった場合には緊急ブレーキで減速してくれるという機能も。 

「運転中の心のゆとりに繋がりますね。孫を乗せることが多いのでこんな機能がついていると安心できます」

*対車両の場合は前方約60m以内で検知し、対歩行者の場合は前方約30m以内で検知します。
*道路状況、車両状況、天候状態および操作状態によっては、システムが適切に作動しない場合があります。
*各機能はあくまで運転を支援する機能です。システムを過信せず、必ず運転者が責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。

次に津嘉山さんが注目したのは、運転席の前方視界が良好なことと、ハイビーム機能がオート* であること。とくにフロントビューは、運転席に座った瞬間に「広いですね!」と驚きの声が。

また、対向車のヘッドランプの明るさを検知し、ハイビームまたはロービームを自動で切り替えてくれる機能は、先行車や対向車などがいないとき、自動でハイビームに切り替わり、遠くまでの見通しを確保。

「切り替えたつもりで対向車に迷惑をかけるときがあるから、この配慮は嬉しいですね。地元の、街灯が少ない細い道でも安心です」

*自車速度約25km/h以上で作動します。
*ハイビーム・ロービームの切り替え自動制御には状況により限度があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、状況に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。

室内は広いのに
コンパクトで運転しやすい

TANKの室内を、じっくり見渡した津嘉山さん。

「天井が高いので空間に余裕もあり家族みんなで乗れそうです。それなのに軽自動車のように気軽に扱えそうなのが嬉しいですね」

5人まで乗ることができる点は、おじいちゃんの顔を持つ津嘉山さんにとって高評価ポイントに。

津嘉山さんの自宅周辺には、クルマ1台がギリギリ通れるような細い道もありますが、小回りが効くTANKなら安心です。狭い路地や曲がり角の多い沖縄の道でも「ゆとりを持って走れそう」とのこと。

「座り心地もいいし、長距離乗っても疲れなさそうですね」

それもそのはず、高速道路でもストレスフリーの加速性能や、ストレス軽減にも繋がる快適なハンドリング性能など、ドライバーにとって嬉しい機能が盛りだくさんなのです。

孫の送り迎えが断然ラクに!
「これは、いいですね」

津嘉山さんが車を運転するのは、仕事の打ち合わせや買い物のほか、幼稚園や保育園にお孫さんを迎えに行くときなど。

しかし厄介なのが、雨。孫たちをクルマに載せるとき、どうしても煩わしさが増え、ストレスに感じることも……。

その点「TANK」なら、ワンタッチで開く「両側パワースライドドア*」や、乗り降りしやすい「低床フロア」が魅力的です。サイドグリップも装備されているので、とにかくラクに室内に乗り込むことができるんです。

*グレードにより各機能の設定は異なります。詳しくは販売店にご確認ください。

「雨の日に、傘を畳まずに子どもたちを室内に入れられるのは嬉しいですね」

小さいお子さんを乗せる機会が多いからこそ、TANKの安全性と利便性を気に入ってくれた津嘉山さん。

最新のTANKなら、沖縄の大通りを走るときも、細い住宅地を走るときも、安全にそして快適に、津嘉山さんのカーライフをアシストしてくれるはず。

シェアする

他の活動はこちら

  • 「佐賀から海を
    盛り上げていきたい」

    梅津 聡さん

    牡蠣生産業

  • 「100年後も誇れる仕事を、
    大好きな福岡で」

    境 美希さん

    Hotel ZABaN 共同オーナー
    福マルシェ代表