九州オールトヨタ つながる九州

大分の絶景

private

10度涼しい鶴見岳山頂から、大分の絶景をひとりじめ!

九州の道って、まるで外国みたいなところが多いですよね。こんもりした丘や、山が多いからでしょうか。大分も、やっぱりどこか日本離れした雄大さを感じます。

北のほうから大分に入ってくると、別府の前で見えてくるアルプスのような風景が、大平山(扇山)。その奥に控えるのが別府名物の鶴見岳です。「別府ロープウェイ」は、別府の街をパノラミックに楽しめる隠れた人気スポットなんですよ。

時期によっては夜の運行もしているので、「1000万ドルの夜景(?)」もゆったり堪能できちゃうのです。人混みを避けて、大切な人とゆったり過ごしてみては?

まずは、名物
「地獄蒸しプリン」をゲット!

別府といえば、全国に名だたる温泉地です。当然温泉卵も有名ですが、その蒸気をつかってプリンを蒸しちゃおう!というアイデアから誕生した名物こそ「地獄蒸しプリン」。地獄蒸しと言いながらも、別府はプリン天国と言っても過言ではないのです。

なかでも、明礬みょうばん温泉にある岡本屋の地獄蒸しプリンは、平日でも混み合うほどの人気ぶり。今回はプリンと、これまた人気のランチボックスをセットでテイクアウトしました。温泉たまごのサンドイッチに、とり天、温泉卵入りおにぎりなどなど、盛りだくさんの卵づくし!

鶴見岳に向かう道中も、温泉の残り香が車中で心地よく漂います。目当ての名物もテイクアウトできたので、いざ別府ロープウェイへ。

大迫力!山頂1375mまで
シー・トゥ・スカイの旅

年に一度、鶴見岳では「一気登山」というイベントが開かれているそうで、海抜0mから一気に1375mまで、よーいどんで登るのだそうです。険しい山道は、日本で唯一幹線自動車道をまたがないルートなんだとか。速い人は70分ほどで山頂まで走っていっちゃうらしいんですが、今回私たちはロープウェイからの景色を堪能したいと思います!

およそ10分の空中散歩。意外にも速いスピードでのぼっていくので、あっというまに広大な別府の街が見えてきます。一気に登っていくからか、少し耳がキーンと鳴るほど。ずいぶん登ってきたんだなぁ。

山上駅に着くと、なんと別府市内より10度も涼しい気温! 季節によって様々な表情が楽しめる別府ロープウェイですが、とくに夏には最高の避暑スポットになりそうです。

のんびり、山頂ハイキングが
気持ちいい!

ロープウェイの駅から山頂までは、約15分ほどの遊歩道。しっかり整備されているので、ゆっくり登ればちょうどいいくらいのハイキングが楽しめます。

また、山上では地獄めぐりではなく、七福神めぐりもできちゃいます。七福神をめぐっていると、いつのまにかいろんな絶景が楽しめるっていうわけですね。

とくに別府湾が一望できる東側の展望所は、絶対におさえておきたいポイント。湾の形がまるで鶴が両翼を広げているようで、これが「鶴見岳」の由縁ともいわれています。

そして、山頂から少し外れた恵比寿天様のいる展望所では、街を望みながらランチをいただけるベンチも用意されているのです。

ハイキングをしたおかげで、ちょうど空腹のスパイスが......気持ちのいい景色のなかで、岡本屋のおいしいランチボックスも堪能できました!

INFORMATION
テイクアウトスポット

岡本屋売店

住所
大分県別府市明礬3組
電話番号
0977-66-6115(売店直通)
営業時間
8:30~18:30(朝食営業・ランチ営業・日曜営業しております)
定休日
無休
立ち寄りスポット

別府ロープウェイ

住所
大分県別府市大字南立石字寒原10-7
電話番号
0977-22-2278
料金
大人:1600円(往復)
小人:800円(往復)
駐車場
無料(約250台)
営業時間
夏季(3/15〜11/14)
始発9:00、上り最終便17:00、下り最終便17:30
冬季(11/15〜3/14)
始発9:00、上り最終便16:30、下り最終便17:00
定休日
年中無休
但し、悪天候・設備整備・点検等で運休することがございます。
今回のドライブのお供

TOYOTA VELLFIRE[ヴェルファイア]
ガソリン車 X 2WD
「ブラック」

MAP

他のおすすめスポット

  • スペシャル

    パイナップル狩り体験

    こんなフルーツ狩り......初体験!

    ビーチやグルメもいいけれど、沖縄のやんばるで「パイナップル狩り」してみない?

  • スペシャル

    千仏鍾乳洞

    夏の蒸し暑さから解放される、
    ひんやりアクティビティ!?

    福岡の「千仏鍾乳洞」が冒険感に溢れていた

シェアする